2013年09月06日

ソニー「DSC-QX100」「DSC-QX10」スマホ連携型新サイバーショット、レンズだけのようなユニークな見た目


Sony DSC-QX100 Smartphone Attachable Lens-style Camera (IMPORT)

ソニーより、スマートフォンをファインダーがわりとする
ユニークなデジタルカメラ“サイバーショット”
「DSC-QX100」「DSC-QX10」をドイツで開幕した家電見本市
「IFA」のプレスカンファレンスにて発表。

現時点で日本国内での販売時期は未定。
価格は73000円前後?!

レンズ鏡胴のみのように見えるユニークなスタイル、
液晶以外の主要コンポーネントはバッテリーなどを含め、
全てボディに内蔵。

カメラ単体での利用も可能だが、ファインダーなしでの
撮影となるほか撮影画像の確認がその場で行えないため、
基本的にはスマートフォンとWi-Fi接続した上で使う。

「DSC-QX100」と「DSC-QX10」ではレンズとセンサーが異なっており、
QX100は35ミリ換算28〜100ミリ F1.8-F4.9のカールツァイス
Vario-Sonnar T*レンズに1型 有効2020万画素Exmor R CMOS、

QX10は35ミリ換算25〜250ミリのレンズに1/2.3型
有効1820万画素 Exmor R CMOSを組み合わせており、
QX100は「DSC-RX100 II」、QX10は「DSC-WX200」と同等の仕様。

ほかにも、QX100はコントロールリングを備えており、
フォーカスやズーム操作をこのリングで行える。

スマートフォン側からの操作にはアプリ
「PlayMemories Mobile」を使用し、撮影モードと撮影後の
転送モードをスマートフォン側から切り換える事が可能。

QX100とQX10にはNFCも搭載しておりNFC搭載端末との
組み合わせならば、カメラユニットとスマートフォンを
接触させるだけでWi-Fi接続が確立し、利用可能になる。

撮影モードはフルオートの「おまかせオート」
「プレミアムおまかせオート」が基本、QX100は
絞り優先AEでの撮影も可能。

動画撮影は、最大画像サイズは1440×1080ピクセル。

記録メディアはいずれもmicroSDカードもしくは
メモリースティックマイクロが使用可。

アクセサリーとしては装着するとあたかも
デジタルカメラのようになるアタッチメントケース
(Xperia Z/Z1用)の他キャリングケースが用意される。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by デジタルカメラ百選 at 11:07 | Comment(0) | コンパクトデジタルカメラ>SONY (ソニー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


他の記事もいかがですか?(最新15個の記事を表示)




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。