2013年07月26日

ソニー「α58」新開発「ロックオンAF」を搭載したデジタル一眼レフカメラ8月9日発売


SONY α58.jpg

ソニーより新開発の「ロックオンAF」や有機EL電子ビュー
ファインダーを搭載し、初心者でも簡単に撮影できる
レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「α58」を8月9日に発売。

新開発の有効約2010万画素の
「Exmor(エクスモア) APS HD CMOSイメージセンサー」と、
センサに最適化した画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」を
搭載し、高い描写性能や豊かな階調表現を実現。


α58の特徴


・発売日2013年8月9日。

・「α」Aマウントの最上位機種「α99」も採用している
「エリア分割ノイズリダクション」を搭載し、シーンに応じて画面を
分割しながら、暗い場所でも解像力を維持したままノイズを低減。


・独自の被写体認識技術に新たな画像解析アルゴリズムを加え、
被写体の大きさを認識する新開発の「ロックオンAF」を搭載。

被写体の大きさに応じて追尾枠の大きさを変化させることで
合焦精度が向上し、ピントがより合いやすく性能アップ。

動きのある被写体を撮影するときもピントを合わせ続け、
かけがえのない瞬間を捉えることが可能。


・高解像度、高コントラスト、視野率100%の有機ELを
採用した電子ビューファインダー「OLED Tru-Finder」を
入門機として初めて搭載。
被写体を忠実に確認しながら撮影可能。

・AVCHD規格 Ver.2.0に準拠したフルハイビジョン動画に対応する。

・対応レンズは、ソニーAマウントレンズ、
ミノルタ/コニカミノルタαレンズ。

・記録媒体は、メモリースティック PRO デュオ、
PRO-HG デュオ/XC-HG デュオ、SDXC/SDHC/SDメモリカード。

・サイズは幅約128.6×高さ95.5×奥行き77.7mm、
重さはバッテリ・メモリカード込みで約573g、本体は約492g。


・ラインナップは
ボディに標準ズームレンズ
「SAL18552(DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM II)」と
望遠ズームレンズ
「SAL55200-2(DT 55-200mm F4-5.6 SAM)」が
付属するダブルズームレンズキット、

ズームレンズ
「SAL18135(DT 18-135mm F3.5-5.6 SAM)」が
付属する高倍率ズームレンズキットを用意。

・価格はオープンで、実勢価格は、
「α58」ダブルズームレンズキット「SLT-A58Y」、
「α58」高倍率ズームレンズキット「SLT-A58M」とも、
8万5000円前後の見込み。


・APS-Cフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ
「SAL18552」は、単体でも販売。
高品位なデザインと塗装にこだわり、滑らかなズームリング部の
動作を実現。税別価格は3万円。

・従来機種「α65」のズームレンズキットとダブルズームレンズ
キットに付属するキットレンズを新製品の「SAL18552」に変更し、
レンズ単体と同じ8月9日に発売。

価格はオープンで、「α65」ズームレンズキット
「SLT-A65VL」が8万円前後、「α65」ダブルズームレンズキット
「SLT-A65VX」が9万5000円前後の見込み。

100digicame-button-01.png


関連グッズ

ソニー α58 高倍率ズームレンズキット SLT-A58M

価格:76,320円
(2013/7/26 23:43時点)



【デジタル一眼>SONY (ソニー)の関連記事】
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by デジタルカメラ百選 at 23:50 | Comment(0) | デジタル一眼>SONY (ソニー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


他の記事もいかがですか?(最新15個の記事を表示)




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。